ブログトップ

NWの喫茶室

nwscience.exblog.jp

Everything about life

夏休み、日本に帰国しオールドフレンズらとランニングを通して旧交を温めたのち、帰米後2017BRF Half Marathonに参加表明.今シーズンは非常に体調も良く、故障も無く無傷で走ってこれた故の決断だった.その後も順調に走り込み、この8月には230km/monthを越すまでに走りこめるようになった.実際のところハーフの距離も何回か練習に取り入れ、5min/kmなら完走も容易いだろうというところまで行けた.しかし、この油断がいけなかったのだろう.思わぬことで足を掬われた.先のレース、Great Race 10kmに向けてビルドアップランをしていたある日曜(2週前だった?)、路につまづくこととなった.素直につまづいて倒れるべきだったと今でも思う.車道に倒れ出るのを体が無意識に強く拒絶したのでしょう.一時的に、左足に強い衝撃波が走ることとなった.これでおそらく左股関節が故障してまった.その約2週後の10km Great Raceはペインキラーを服用して出場したものの、思いの外後半5kmで痛みが覚醒、まさに痛みの中でのゴールとなったのでした.それから、一月後の無ラン、補強トレーニングのみでBRFに臨むことは怖かった.でも、何とか出走3日前には、走って痛みが出ないことが確認されたので出走を決めました.
5kmの申請タイムからWave1という絶好のポジションからのスタートが許され、自分としては思い通りのファーストラップで入れました.以降も順調にラップを刻み、天候も良い割りに温度も上がってこないし、心の中で『来た、完全復活だ!It's My day!』と過信状態でした.ロングは全く甘くなかった!ほぼ一月ランニングしていない体にはとっても厳しい仕打ちが、後半に待ち受けていたのです.クルマで言えば、エンジンがぷすぷすって鳴りだした感じなのでしょうか.スタミナ切れが一気に苦痛感を与えだしたのでした.このコース前半12kmは、現実にはアップヒル、そこを快調だった2か月前のランニングペースで、一月の無ランの体で行ったらどうなるか?冷静に考えれば、完全なオーバーペースだったのでしょうね.足は痛くなかったのに、今度はスタミナ切れに泣きました.後半、やれることはないかと、必死に考えた作戦.気持ちを切り替えて、残り10km弱は、インターバルトレーニングだ!という策.この作戦、結局身を結んだかわかりません.1km 7−8本の練習だ!のノリでしたが、すでにキロ5のスピードを出す力も失われてたと思いました.しかし、沿道のボルティモア市民の応援は励みなりました!おそらくこういうのを含めて、無事に生きてゴールできたのではと思っております.沿道の住民がアイスキューブを振舞ってくれていたり、私は手を出す余裕もありませんでしたが、コールド・ビアを振舞ってくれる人たちも.温かい人たちでしたね.記録には全く満足しておりませんが、素敵な経験となりました.そして、ホームステイ並びにボルティモアに運んでいただきまして、ボスには心から感謝です!
b0179169_07183990.jpg


[PR]
# by nw5709 | 2017-10-22 08:56 | Trackback | Comments(0)
7時起床.朝シャワー、朝飯.ロキソニン服用そしてダウンタウンのシャトルバスまで車で.
着いてみると、ものすごい人数.間に合うんか?不安が・・・.結局、要領よくスタートラインに到着できたのですが、ランニング熱は、日本にも負けず常に盛んなようです.
b0179169_06323531.jpg
現在のベストを尽くすということでの故障を押して出走は、やはり悔いの残るレース展開となったのでした.でも、色々学びました.とりわけ、自分の場合、鎮痛剤がこんなにも速く代謝されてしまうのか?とびっくりしてます.レース後半は実際のところ何もできず、『リタイアか、また来年かな』という文句が、幾たびも頭に浮かぶ苦悶に満ちたランでした.とにかく、早期に股関節痛が回復しない限り、理想の走りに近づくことは叶いそうもないです.時期レースは一月後、古巣ボルティモアでのハーフです.苦悶が15km続くことが無いようにしたい!
b0179169_06225154.jpg
b0179169_06225145.jpg
Soma君、40'33"で152位でゴールしてました.3−4kmは離されたということです.

[PR]
# by nw5709 | 2017-09-24 05:44 | Trackback | Comments(0)
平常時の臀部の痛みは消えた.昨日よりはるかに具合が良くなって来た.ただジョグを数歩すると痛みは感ずる.最後に5kmのトライアルをした6/17の状態にまではリカバリーしたのでは.おそらくロキソニンを服用すれば走れるだろう.ただその後が、心配.再び、無ラン調整になるのも困ったものだ.そんなことも気にしながら、明日のコースのおさらい.
b0179169_08280745.jpg
全般的には下るのだが、上りから入るガタガタコース.Soma選手がスタートラインで待つといってくれた.”俺についてこい”ということだが・・・.コンディションが万全ではないので、彼のペースは相当なダメージを与えかねない.とりあえず、今できるベストは40分台で完走することのみ.いや完走もできるのかという状態にも陥りかねない.思えば、monster athlete club 結成まもない頃に一度、臀筋故障をおったのだが、今回のはあの時ほど重症ではない.
まだ、イメージできていないのが、フットギア.Tarcer or On Cloud?今回は股関節への衝撃の少ないものを選ぶべきだな.練習用のシューズという選択も・・・.
[PR]
# by nw5709 | 2017-09-23 19:28 | Trackback | Comments(0)
いよいよ次の日曜、Great Race 10km 出走だ.調整? はっきり言って失敗だ!2週前まではイメージ通りだった.が、完全にケアレスミスによる転倒しそこないで左足股関節外側部を痛めてしまった.倒れまいと試み踏ん張ったのだ.今年はこれまで故障なしで、トレーニングを積んで来ていただけに悔やまれる.ここ2週間は騙し騙しで満足に走れていない.とにかく走行中の痛みが消えないとRaceにならないだろう.アドビルやロキソニンと最終手段を使わないで本番まではランなしという調整が、果たして通じるかどうかわからぬが、一縷の望みを持って本番に備えるつもりだ.
友達が、昭和51年の頃の写真を送ってくれた.やはり、我ながら、息子に似てるな.
b0179169_11581883.jpeg

[PR]
# by nw5709 | 2017-09-20 22:44 | Trackback | Comments(0)
来たるハーフマラソンの為にランニング中に必要なサプルメントを練習後に試食した.不味いとか美味いというジャッジまで行かず、甘すぎる!相当甘い水飴状のネットリしたブツだった.日本で好んで食していたウイダーゼリーとは、全然違うので期待してはいけない.
b0179169_01352137.jpeg

[PR]
# by nw5709 | 2017-09-13 01:34 | Trackback | Comments(0)
ロングディスタンス用のスタビリティ重視のトレーニング並びにともすればレースにもという狙いで6月に購入して以来、 現在ちょうど400kmを走り抜いたところ.最近、ソールの腰が抜け出した感が否めない.坂の多い現在の住居周辺で走るには、実際、かなり快適だった(特にダウンヒル).アドバイザー兼店員の話によれば750kmは行けるはずだったのだが・・・・.それまでのOn Cloudが安定して、650kmほどの寿命だった.せめてこれより長めのシューズ寿命を期待していたのだが、ダメそうだ.ソールはまだ行けそうな減り具合だが、クッションの部分のスカスカ、パフパフ感が出だして、ちょっと、水吸うぞみたいないやらしさ.もう少し引っ張って様子を見て、次のキャンディデートを探し出したい.weight 313g と重めだったが、ラントレ中はその重さ、あまり気にならなかった.
b0179169_00353177.jpg

[PR]
# by nw5709 | 2017-09-11 00:27 | Trackback | Comments(0)
今月はよく走った.時差抜きのために月初めは特に時間をこれに使ったって言うのもある.でも体力がなきゃ走れんし、体力も戻って来たのでは実感.
さ、今月は、Great Race 10kmも24日に控えているし、勢いでBaltimore Running Festivalのハーフマラソンにもエントリーしてしまったのでコツコツと地味な積み上げ練習の他に、実戦形式の走りもラントレに入れていくつもり.ショーマ選手が同じく10kmにエントリーしているらしいので、共に練習してしまうニアミスにも期待したい.彼は本格的なランナーなので、学ぶことがありそうでね、なんか期待しちゃうのです.にしても、日本のランナーたちの熱さは、この夏の一番の収穫かな.
b0179169_02300764.jpg

[PR]
# by nw5709 | 2017-08-31 23:22 | Trackback | Comments(0)