ブログトップ

NWの喫茶室

nwscience.exblog.jp

Everything about life

来たるハーフマラソンの為にランニング中に必要なサプルメントを練習後に試食した.不味いとか美味いというジャッジまで行かず、甘すぎる!相当甘い水飴状のネットリしたブツだった.日本で好んで食していたウイダーゼリーとは、全然違うので期待してはいけない.
b0179169_01352137.jpeg

[PR]
# by nw5709 | 2017-09-13 01:34 | Trackback | Comments(0)
ロングディスタンス用のスタビリティ重視のトレーニング並びにともすればレースにもという狙いで6月に購入して以来、 現在ちょうど400kmを走り抜いたところ.最近、ソールの腰が抜け出した感が否めない.坂の多い現在の住居周辺で走るには、実際、かなり快適だった(特にダウンヒル).アドバイザー兼店員の話によれば750kmは行けるはずだったのだが・・・・.それまでのOn Cloudが安定して、650kmほどの寿命だった.せめてこれより長めのシューズ寿命を期待していたのだが、ダメそうだ.ソールはまだ行けそうな減り具合だが、クッションの部分のスカスカ、パフパフ感が出だして、ちょっと、水吸うぞみたいないやらしさ.もう少し引っ張って様子を見て、次のキャンディデートを探し出したい.weight 313g と重めだったが、ラントレ中はその重さ、あまり気にならなかった.
b0179169_00353177.jpg

[PR]
# by nw5709 | 2017-09-11 00:27 | Trackback | Comments(0)
今月はよく走った.時差抜きのために月初めは特に時間をこれに使ったって言うのもある.でも体力がなきゃ走れんし、体力も戻って来たのでは実感.
さ、今月は、Great Race 10kmも24日に控えているし、勢いでBaltimore Running Festivalのハーフマラソンにもエントリーしてしまったのでコツコツと地味な積み上げ練習の他に、実戦形式の走りもラントレに入れていくつもり.ショーマ選手が同じく10kmにエントリーしているらしいので、共に練習してしまうニアミスにも期待したい.彼は本格的なランナーなので、学ぶことがありそうでね、なんか期待しちゃうのです.にしても、日本のランナーたちの熱さは、この夏の一番の収穫かな.
b0179169_02300764.jpg

[PR]
# by nw5709 | 2017-08-31 23:22 | Trackback | Comments(0)
海外から見にくる人も.実際知り合いでも数人いた.2時間くらいの天文ショー天文ショー、夏休み後半のGoodなイベントになるのかも.
b0179169_21040061.jpg

[PR]
# by nw5709 | 2017-08-21 21:07 | Trackback | Comments(0)
約33km、給水タンクをキャリーしながら決行しました.Home to Homeで22, 2, 3, 6kmと刻んでよく走りました.ハーフ走後は、ビバレッジの場所との関連、まー、ばて具合依存的な走行と歩行付き試みでした.コンビニ、スターバクスで水分補給しましたよ.ダウンにはいい距離かしらね.ハーフは給水作業に手間取り、タイム的には前回よりかなり遅い.ただ前回よりかなり楽な後半でした.
b0179169_21322004.jpg


[PR]
# by nw5709 | 2017-08-20 21:26 | Trackback | Comments(0)
高校の同窓生に”ラントレに参加させてください”と頼んだところ、快く引き受けていただき、聖地織田フィールドのナイター練習に連れて行っていただきました.Wow!!そこで見た風景に圧巻の衝撃、全天候型のアンツーカー400mトラックが溢れんばかりのランナーでごった返して、フリーウエイに走る車のごとく、切れることなく高速で駆け抜けていた.しばらく、ストレッチなどのアップをしながら観察していると、なんとなく見えないルールの様なものが浮かび上がって来た.内側の4レーンは、中長距離あるいは競歩のアスリート、残りの外側4、5レーンはスプリンター用のレーンみたいに繰り広げられているのかな?冬場に、ピッツバーグ大学の200mインドアトラックを使用してた時、隣のカーネギ大学のトラックチームが練習していた状況に似てはいた.”ああ、でもこれなんだなー”って.これまでの自分の経験では競技会、記録会のタイムはトップやボトムの記録はどこでもほぼ同じなのだが、標準レベルの記録は日本国内で行われた大会の平均タイムの方が上回ってるという印象があったのです.日本人のキャラクターだと思います.十分すぎるくらいの刺激を頂戴しました.ありがとう!織田フィールドのランナー達.
b0179169_13484936.jpg



[PR]
# by nw5709 | 2017-07-22 13:48 | Trackback | Comments(0)
今回のレースで日本の7月がいかに大変な環境なのかよくわかった.もはや日本の夏は熱帯気候.以前住んでいた時とは、とてつもなく違う.プロスポーツ界の助っ人外人達には地獄に違いない.

あとはランニングコースだが、道が狭いんだな.その分、コーナーの走り方が重要になってくる.米国は道が広い上、しょぼい大会でも警察が協力してくれるのか、車道がランナー専用になることが多い.コーナーワークを気にしたことがない.この辺りを頭に入れておこう.普段のラントレでは、カネやんのおっしゃる通り信号ってのが厄介だな.毎年帰国しているのだが、マイナー分野で随分と昔と違ってきている.
b0179169_13562742.jpg

[PR]
# by nw5709 | 2017-07-18 04:03 | Trackback | Comments(0)